2011年02月27日

ペーパークラフト でふぉるめ10式戦車

因幡てゐ製作の傍ら、ひっそりと製作してた10式戦車の作り方解説が完成したのと、
撮影ブースに背景用紙(といっても100均で買った模造紙だけど)を導入したので
その効果の実証も兼ねて公開することにしました。

というわけで早速写真の方を
type 10 03.jpg

別角度
type 10 04.jpg

上面
type 10 05.jpg

砲塔は可動します。
type 10 06.jpg

なんで可動の試作として戦車を作ろうとしたのかというと、軸は一つで済むし、軸を
仕込むスペースが大きくとれるからという理由だったりします。

で、せっかく作るならあまり立体物がない物を…ということで10式にしたんですが…
形を出すのはあまり苦労しなかったんですが、とにかくディテールが細かくてしかも
多いのなんの…ぶっちゃけ90式にしとけば良かったかもと思ったくらい。
ただディフォルメしてるのでディテール全部を描き加えるとうるさくなり過ぎる気が
したのといい資料が見つからず、細かいところが解らなかったので結構端折って
ますが…

しかも可動に関しても後部の段差が砲塔の旋回に干渉してしまってたり…

とはいえ形状的には満足のいくものができたと思います。
また、可動化の問題点などを洗い出すことが出来たしテクスチャ製作の練習にもなった
ので作ったのはまんざら無駄でもなかったと思います。

あとおまけって訳でもないですが…
type 10 07.jpg

いつものようにぷちサイズも作ってみた…という訳ではなく、実は小さい方が試作一号で
大きいほうが二号だったりします。
というのも最初「デスクトップの豆タンク」というコンセプトで作っていたのですが、いざ
製作してみると内部に入れる補強の関係もあり意外に難しかったので、用紙の枚数を
増やさない範囲でぎりぎりまで大型化したわけです。
あと迷彩じゃなくなったのは展開図化してからの修正作業量が甚大だったからです…

ちなみに大きいほうが全長11p、小さいほうが9p位です。

まあなにはともあれいつもとは趣の異なる物だったので失敗もあったけど作ってて楽し
かったのでこれからもこういったものも作っていきたいなと思っています。

あ、ガンプラとのサイズ比較忘れてた…orz
type 10 08.jpg

展開図はこちら
posted by SSN at 01:49| Comment(0) | ペーパークラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

ペーパークラフト 因幡てゐ&ばにーうどんげ

おまけパーツに妙に拘ってしまった結果、今まで以上に時間がかかってしまいましたが
なんとか因幡てゐが完成しました。

というわけで正面から
tei 27.jpg

別角度
tei 28.jpg


毎度恒例?ガンプラとサイズ比較
tei 29.jpg

今回の比較対照はHGスサノオです。

今作は、基本的な構成は今までと一緒ながら、見栄えを向上すべくポリゴンを増やした
ので今までのものより多少難しくなったかもしれません。
中でも耳は特に展開方法について悩まされた部分です。
というのも、頭部との接着面周りが山折と谷折の面が混在しており、一つのパーツに
収めようとするとどうしても面が重なってしまうのです。なので仕方なく接着面を分離
することにしました。

ただ、できるだけ小さい糊代を作らないように展開しているので、接着がし辛いことは
ないと思いま…思いたい…

で、お次はおまけパーツ
tei 30.jpg

別角度
tei 31.jpg

…なんというかものすごく安直な発想な気がしますがバニーです!漢の浪漫です!!!

とはいえこれも設計は一筋縄ではいかず、特に胴体は胸部とバニーコートを別々に
したため(スク水と同じようなテクスチャでの処理は見栄え的にイマイチなので)どう
やって合体させるかでかなり悩みました。

まあ悩んだ甲斐あって見栄えと強度を両立できたと思います。

そしてさらにおまけ
tei 32.jpg

別角度
tei 33.jpg

やっぱり一人は寂しい…と思ったのがきっかけというか時間がかかった原因というか…
ともかく、そんなわけでなるべく手間がかからないように頭部以外は流用ですまそうと
思いつつ作り始めたのですが…てゐより胸を大きくしたり太腿のラインを弄ったりと
結局のところほぼほとんどのパーツに調整を加えることになったため予想以上に時間が
かかってしまいました。

…で今回はぷちバージョンは作ってなかったりしますが…
tei 34.jpg

形状試作はぷちサイズで作っているので小型化は可能なはず…ていうか実は時間の都合で
作ってないだけですが


なんだかメインよりおまけの方が充実してる気がしなくも無いですが、やっとひと段落
つきました。これで次に作品に移れます…
まあ終わってみれば時間はかかったけど今後の作品に生かせそうな表現手法も得られたので
作って良かったし良い経験になったと思っています。

あとは依頼主であるしおり様が気に入ってくれるかどうか…

というわけで展開図はこちら
posted by SSN at 23:55| Comment(1) | ペーパークラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

ペーパークラフト R-9a2 Delta

…(相変わらずですが)非常に時間がかかってしまいましたが(といってもそのほとんどは
ほったらかしの期間だったりしますが)やっとペパクラR-9a2 Deltaが完成いたしました!

というわけで完成写真
R-9a2 Delta 01.jpg

別角度
R-9a2 Delta 02.jpg

R-9a2 Delta 03.jpg

下側
R-9a2 Delta 08.jpg

なんだかんだで時間がかかった理由としてテクスチャ製作が難航したのがあります。
というのも、この作品はR-type 凾フオープニングムービーのモデルを目標として
作っていたのですが、そのOPムービーは限られた角度からしか映していない上に、
解像度もそれほど高くは無いためディテールが確認し辛かったのです。

そんなわけでムービーがアテにならなかったのでゲーム用のローポリモデルを…と
思ってたら形状からしてまったく違うもので、ムービー以上にアテにならないもの
だった…いくらなんでもアレは省略しすぎだ…画像がないのでゲームを知らない人は
分らない話ですが…
そのゲーム用ローポリモデルでも自機選択画面とゲーム中で色が違ってたりするし…
で、よく考えたらR-type FinalにもDeltaが出ていることを思い出し、ググって
みたら…またしてもムービーのモデルとは似ても似つかない形状だった…
…どこまでキャラが定まってないんだよDelta…

とはいえ一番ディテールが確認しやすかったので、テクスチャはFinal版のを参考に
することにしました。
ただ、それでもディテールが分らない部分があったり、情報量が少なすぎて大味に
感じられる部分があったりしたので、そういった部分にはそれっぽいディテールを
描き足しています。
キャラ定まってないからちょっとオリジナル入っててもいいよね

で、恒例(?)のガンプラとサイズ比較
今回はHG電池アリオスと
R-9a2 Delta 04.jpg

アリオスの全長が長いので小さく見えるなぁ…
とりあえずDeltaの全長は大体14p位です。ただ、アリオスに比べ上下のボリュームが
あるので存在感では負けてない…と思います。

で、本体だけでもいいかな…と思ったけど、やっぱり無いと寂しいのでフォースも製作
しました。さらに時間がかかることにもなりましたが…
R-9a2 Delta 05.jpg

やっぱりこれが無いとね!
これもいろいろと試行錯誤させられたわけですが、その甲斐はあったと思います。
ただ、やっぱり曲面…というか球体を表現するのは難しいとも思いました。
もし今後またR戦闘機を作るときはその辺りの表現についてもいろいろ考えていきたいと
思いました。次が何時になるかは未定ですが…

ともあれ展開図はこちら

試作一号と
R-9a2 Delta 07.jpg


>>godogundam様
博麗 霊夢はもっと技術が向上してから作りたいと考えています。
もっとテクスチャを上手く描けるようになりたい…
posted by SSN at 20:55| Comment(2) | ペーパークラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。