2010年11月10日

ペーパークラフト 雲居一輪

…そんなこんなで非常に長い時間がかかってしまいましたがペパクラ雲居一輪がやっと
完成いたしました!

まずは正面
pepakura 1rin 01.jpg

別角度
pepakura 1rin 02.jpg

恒例(?)のガンプラとサイズ比較 今回はHGジンクスと
pepakura 1rin 03.jpg

まあサイズはベースのナズーリンとあまり変わりませんが…ていうかジンクスって
けっこうでかいのな。

おまけは頭巾を脱いだ状態の頭部です。
pepakura 1rin 04.jpg

最初は頭巾を着脱式にできないかと考えたのですが、そうすると形状的にかぶった
状態か脱いだ状態のどちらかを優先せざるを得ず、どちらも両立するのは不可能で、
しかも組立の難易度や、かぶった状態でどう固定するか等の問題が多数あったことも
あり、結局どちらか好きな方を選択するいつもの選択式と言う形となりました。
頭巾を脱いだ状態の髪型は自分の勝手な想像だったりしますが…

と、これだけでは寂しすぎるのでオプション(?)の雲山も製作しました。
pepakura 1rin 05.jpg

別角度 雲っぽく見える…かな?
pepakura 1rin 06.jpg

写真では解りにくいかもしれませんが、かなりでかいです。
で、形状や作りやすさ等いろいろと試行錯誤を繰り返したため(あと夏の暑さもあり)
非常に時間がかかる原因に…とはいえ大きさもあいまって存在感はかなりのものであり
作ってよかったと思っています。
ただ大きいのでもうちょっと形状を細かくしてもよかったかも

で、以前のミクに続き今回もぷちサイズバージョンも作ってみました
…といっても本体の一輪のみですが…
pepakura 1rin 07.jpg

雲山と こっちの方がサイズ的に合ってるかも?
pepakura 1rin 08.jpg

一輪本体の(基本流用なので)構成はわりとシンプルで、組立の難易度は高くは無い
(と思う)ので、ぷち化に際しては展開図のパーツのレイアウトを変更した意外は
何もしていません。
といっても、小さくなった上に用紙は0.15mm厚なのでぷち化前よりは難しいですが。

ともあれそれでも組立は可能であり、これからはどっちのサイズでいくべきなのか
悩みどころでもあります。今の難易度を維持すべきか、それとももっと細かく作る
べきなのか迷うなぁ…公開することが前提でもあるし…どっちが良いのかな…?

ともかく次はもっと本体以外のオプションにも拘りたいと思った一輪製作でした。
pepakura 1rin 09.jpg


展開図はこちら
ぷち版(本体のみ)はこちら

…その前に置き場所をどうにかしないと…
mumumu.jpg
posted by SSN at 23:58| Comment(1) | ペーパークラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

ペーパークラフト 初音ミク

なんだかんだで非常に時間がかかった気がしますがペパクラ初音ミクがやっと
完成しました。
…といっても写真は試作品だけどね…

というわけで早速正面から
miku81.jpg

別角度
miku82.jpg

今回の比較はエクシアではなくセラヴィーと
miku83.jpg

今回もベースとなったのはナズーリンなのでサイズも同じく大体17p位です。

最初の無彩色試作のときは紙の厚さによるズレが想像以上で、ツインテの
長さが足りず後にコケてしまうという結果となりましたが、その後ツインテの
長さを見直したおかげでちゃんと自立できるようになりました。
ツインテでの支えの効果は覿面で、(きちんと接地するよう調整する必要が
ありますが)かなり安定して立つことが出来るようになりました。

…ただ言い換えれば両足とツインテがきちんと接地できるような平らな場所が
必要とも言えますが…

ともあれ上手くいって一安心でした。

お次はおまけ
miku84.jpg

無彩色試作品を作ったとき、やっぱりネギが無いのは物足りない…と思った
のと、ツインテの支えがあるので今までとはちょっと違うポーズに挑戦
したいと思ったのでおまけという形でネギを持った片足立ちのポーズに
チャレンジしてみることとなりました。

とはいえ自立できるかはかなり不安だったのでベースも作ってみたのですが
以外にも安定して立つことが出来てしまいちょっと拍子抜けでした。

…ネギがちょっと太すぎたような気がするけど…まあいいか

で、さらに今回はちょっと小型化にもチャレンジしてみました。
miku85.jpg

ちなみにサイズは13p位です。
miku86.jpg

あとこのぷちみくは右手足はおまけパーツ、左手足はメインパーツという
混合編成で作っています。なおベースは下に敷いてるだけなので無くても
自立します。

なぜ小型化に挑戦したかというとコメントなどで「デカい」という意見が
ちょくちょくあったのでそれならばということでチャレンジしてみる
ことにしたわけです。

ただこの作品は紙の厚さも考慮した設計なので、サイズと共に紙の厚さも
0.21mmから0.15mmにしています。
紙を薄いものに変更することによって設計をほぼそのまま流用でき、また
紙の弾力により作りにくくなることも緩和できました。

とはいえ、紙が薄くなったのはメリットばかりではなく、思ったよりも
強度に不安が残る結果となりました。特に膝のあたり
また、製作に関しても組立や接着の際にしわがよらないように気を使う
必要があり、製作難易度的には縮小前より難しくなったと思います…

まあ強度の方は構造を強化すればある程度は何とかなりそうだし、小型化
自体無理ではないということが分かったのでいい経験になったと思います。

…しかし…こう上手くいってしまうと次回作からのサイズをどうすべきか
悩む…どっちがいいんだろう…?

通常版展開図はこちら

ぷち版展開図はこちら

miku87.jpg
posted by SSN at 23:57| Comment(14) | ペーパークラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ペーパークラフト 千石撫子

気がつけば相当な時間がかかってしまいましたが、なんとかペパクラ撫子が
完成いたしました。

まずはメインパーツ正面から
nade116.jpg

別角度
nade117.jpg

帽子と上着は着脱可能です。
nade118.jpg

恒例(?)のHGエクシアと記念撮影 サイズは17cm位です(帽子含む)
nade122.jpg

頭部はOPカラーのものを使用しています。

基本となる顔パーツはナズーリンからの流用なのでサイズもほぼ同じ位
になりました。

ともかくやっと完成できて感慨もひとしお…と言いたいとこですが…
…メインパーツ自体は結構前に完成してたんですよね…

まあそれはともかくやっぱりテクスチャによる情報量の増加が見栄えに
与える影響はおおきいなあ…と感じました。
とはいえちょっと控えめにしすぎたせいか思っていたより陰影がはっきり
出なかった部分もあったりするのでまだまだ修行がたりないようです…

でも我ながら可愛く出来たからOKってことで

で、お次はひたすら苦労したおまけパーツ
nade119.jpg

別角度
nade120.jpg

おまけパーツにも帽子と上着を着せることが出来ます。
nade121.jpg

エクシアと…
nade123.jpg

頭部は劇中カラーのものを、首はちょっと横向きのものを使用しています。
あとサイズは13cm位です。

難関辛苦の末、結局問題を解決するのではなく避けて通ったようなもの
ですが、なんとか完成しました。

まあ一度やったことのあるネタで、結局ブルマ一丁は無理でしたが、
以前のかぜぽに比べればポーズも(特に腕周り)多少は自然な感じになり、
また組立も多少は楽になったと思うので完全に失敗と言うわけではなく、
ある程度成功した部分もあるのでいい経験になったと思います…思いたい…
でもやっぱりブルマにしたかった…orz

でもまあこのポーズはそのまま使うことも可能だし(履物が下駄などで)
自立が難しいキャラに使えそうなのでいろいろと応用が利きそうです。

ともあれ今回はいろいろと自分の至らなさを認識することになりましたが
テクスチャ製作の手法等いろいろ学ぶことも多かったのでこれからに
役立てられればいいなあと思う次第です。
そしていつかはブルマを…

完成版展開図はこちら


posted by SSN at 23:07| Comment(5) | ペーパークラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。